営業時間:【平日】9:00-18:00 【土日】10:00-16:00 (水曜・祝日定休)

【福井県敦賀市】保険の見直し、無料相談ができるお店

おかげさまで開業29周年!ありがとうございます!

がん保険のプランを見直し!あなたに本当に必要な保障とは?

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

がんの治療は日々進化しており、治療の選択肢も広がっています。

しかし、万が一がんにかかった時に、自分に合う新しい治療法や薬が見つかっても、自己負担額が高額になるケースも考えられます。

そうなった場合、経済的な理由で治療を断念せざるを得ないという可能性も出てきます。

 

また、すでに加入しているがん保険では、最新の治療法に対応しておらず、保障を受けられないというケースもあります。

そんなリスクに備えて、がん保険にもいろいろなプランが増えてきました。

働き盛りや、お子さまの成長期など、がんに負けられない大切な期間こそ、手厚い保障があると安心しますよね。

 

この記事では、まとまった一時金が支払われるプランや、掛け捨てが嫌な方のために一時金が戻ってくるプランなど、新しく増えてきたがん保険について詳しくご紹介します。

ぜひ参考にしていただき、ご自身の納得のいくがん保険を見つけてみてください。

 

働き盛りの時期に保障を上乗せして備えるプラン

基本的に、がん保険(医療保険)は一生涯必要です。

なぜなら、高齢になるにつれて病気になりやすくなるからです。

しかし、働き盛りの30代~50代でもがんになる可能性は十分にあり得ます。

 

そんな、働き盛りにがんになってしまうリスクに備えたプランがあります。

保障期間をあえて必要な期間だけに絞るプランです。

このようなイメージです。

ベースとなる医療保険をかけながら、働き盛りの時期だけ上乗せでがん保険をかけることにより、長期療養のために収入が減少したり、高額な治療費がかかってしまうといったリスクを最小限に抑えることができます。

また、上乗せすることでベースの「がん一時金」に、さらに一時金がプラスされ、一時金の受取額に幅を持たせることもできるプランもあります。

 

まとまった一時金で手厚く保障するプラン

医療技術の進歩によって、がんの治療法などが多様化してきました。

「先進医療」や「自由診療」は、新たな選択肢として期待されていますが、それらにかかる費用は公的医療保険適用外となります。

そのため、自己負担額が高額になってしまいます。

そんな時、まとまった一時金があれば、治療の選択肢を広げることができます。

 

がん一時金

初めてがんと診断確定された時、または、がんの治療を目的として入院を開始した時に、「がん一時金」を受け取ることができます。

一時金の受け取り回数はプランによって異なりますが、中には複数回受け取れるものもあります。

がんの治療期間中は、休職や通院のために収入が減少してしまいます。

しかも、医療費や通院費の支出は増え、経済的な影響を及ぼしかねません。

そのため、まとまった一時金があれば、経済的な負担を減らして治療に専念しやすくなります。

 

病気にならなかったら一定年数ごとに一時金が戻ってくるプラン

通常、がん保険(医療保険)は一生涯かける必要のある保険なので、基本的に保険料を抑えた掛け捨て型となります。

しかし、どうしても掛け捨てが嫌な方もいらっしゃいますよね。

そんな方のために、一時金が戻ってくるプランも出てきました。

毎月の掛け金は少々高くはなりますが、病気にならなかったら数年ごとに一時金が受け取れるといったプランです。

このように、がん保険にもさまざまなプランが増えてきました。

ほけんハウスでは、一人ひとりのニーズに合わせたプランを一緒に考えてご提案させていただきます。

がん保険のプランでお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

ほけんハウス 真溪(またに)

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です