営業時間:【平日】9:00-18:00 【土日】10:00-16:00 (水曜・祝日定休)

【福井県敦賀市】保険の見直し、無料相談ができるお店

おかげさまで開業28周年!ありがとうございます!

保険の見直しをするタイミングで最適な9つのライフイベント

アバター
WRITER
 
ライフプラン
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

「保険は定期的に見直した方がいい」と言われていますが、目に見えない商品ですから、そのタイミングに迷うところですよね。

 

目安は、「ライフスタイルが変わったかも・・・」と感じたときです。

では具体的に、どんな場面が保険の見直しのタイミングとなるのか、当コラムで詳しくお伝えしていきます。

 

保険見直しのタイミング① 就職したとき

就職

就職して新社会人になったとき。

今まで親御さんがかけていてくれた保険から、自分自身でかける保険へ乗り換えを考える方もいるでしょう。

こんな時には一度、専門家と一緒に「未来に必要な保障」を割り出し、適切な保険で準備することをおすすめします。

 

必要な保障は人によってさまざまですが、新社会人の方は、ケガや病気などで働けなくなるリスクに備える場合が多いです。

医療保険や収入保障保険ですね。

 

お勤めの会社経由で加入している各種社会保険の内容と照らし合わせ、心許ない部分を補うといいでしょう。

 

 

保険見直しのタイミング② 結婚したとき

結婚

結婚され、共に暮らすパートナーができたときも、保険見直しのタイミングとなります。

当店に相談にいらっしゃるお客様も、結婚を機に保険の見直しをしたいというケースが一番多いです。

 

独身のときは、基本的に自分ひとりを守る保障であれば良かったのが、結婚すると家族を守る保障内容に変わります。

 

  • 万が一、ケガや病気で働けなくなったとしたら?
  • 万が一、どちらかがお亡くなりになったとしたら?
  • 老後の生活のための蓄えは?

など、パートナーに影響を及ぼすリスクを見える化し、備えていくのが望ましいです。

 

共働きなのか?どちらか一方が働いているのか?ご家庭の状況に合わせて、生命保険や医療保険、収入保障保険などを組み合わせてリスクに対処していきます。

 

※結婚と保険の見直しについて、さらに詳しく解説したコラムです。↓↓

 

 

保険見直しのタイミング③ 妊娠・出産したとき

子育て

家族が増える、そして働くスタイルが変わるライフイベントが、妊娠・出産です。

家庭内のお金の流れが大きく変わることから、保険の見直しをするには良いタイミングとなります。

 

お子さまも含めた、全ての家族が安心できるような保障にするのがポイントです。

家族の大黒柱に万が一のことがあったときに備えて、生命保険、医療保険、収入保障保険をより手厚く。

さらにお子さまの将来に備え、学資保険を加えるなどして適切な見直しをおこなっていきます。

 

 

保険見直しのタイミング④ マイホームを購入したとき

マイホーム

マイホームを購入したときも、保険を見直すことをおすすめします。

その理由は、ムダを省ける可能性があるからです。

 

マイホームを購入する際、一般的には住宅ローンを組みます。

住宅ローンを組んだ時点で加入するのが「団体信用生命保険(契約者に万が一のことがあった際、その後のローン支払いが免除される保険)」です。

 

団体信用生命保険の保障で、万が一のとき、残されたご家族の住宅費はカバーされます。

つまり、これまで契約していた生命保険等が住宅費も含めて計算していたのであれば、重複することになります。

その部分を見直しによってカットできるということです。

 

 

保険見直しのタイミング⑤ 転職や独立(自営業になる)など、働き方が変わったとき

転職

新しい会社に転職したものの、これまでより収入が減ってしまった場合。

普段の生活を圧迫しないように、同じような保障でも保険料が割安のものに切り替えたり、保障内容そのものを見直したりするケースがあります。

 

また、会社員から自営業になったときも保険は見直した方がいいでしょう。

 

会社員のときにかけていた健康保険は、自営業者になったら国民健康保険に変わります。そして厚生年金は、自営業者になったら国民年金に変わります。

このように社会保険が切り替わることで、万が一のときの保障内容に違いが出る場合がほとんどです。

 

多くの場合、自営業者になると社会保険からの保障が手薄になります。

そこで保険を見直して、手薄になった部分をカバーしていくのが望ましいです。

 

 

保険見直しのタイミング⑥ お子さんが独立したとき

社会人

お子さんが経済的に独立したときも、保険見直しの良いタイミングです。

 

お子さんに対して、これまでのように手厚く保障をしなくてもよくなるため、内容をコンパクトにできる可能性が高いです。(=保障を子供も含めから夫婦2人分に縮小できる)

その分老後の備えとなるような、貯蓄性の高い保険(個人年金保険など)を考えてみるのもいいでしょう。

 

 

保険見直しのタイミング⑦ 保険が満期・更新を迎えるとき

タイムリミット

保険が満期を迎えるということは、保障を受けられる権利がその日をもって終了するということです。

更新とは、その時点での年齢などを元に月々の保険料が再計算されることです。(たいてい値上がりします)

 

「満期を迎えて保障がなくなっては困る」「これ以上保険料が値上がりすると家計に負担が大きい」など、都合が悪いようであれば保険を見直しましょう。

 

この際、期日ギリギリになって慌てて見直すよりも、数ヶ月前から余裕を持って見直しをおこなう方が安全です。

 

 

保険見直しのタイミング⑧ 死別・離婚・親を扶養するなど家族構成が変わったとき

家族

家族の人数の増減と、必要な保障額は連動しています。

結婚や出産が保険の見直しのタイミングとなるなら、その逆もしかりです。

 

家族構成が変わることで、お仕事の形態が変わることもあるでしょう。公的な補助金が出るケースもあります。

このように、周りを取り巻くお金の状況が大きく変わりますから、全体的に計算し直し、保険も適切なものを選び直すのが望ましいでしょう。

 

 

保険見直しのタイミング⑨ 保険料の負担が重いと感じたとき

家計

将来のリスクに備えて保険の準備は大切です。

しかし、保険料の支払いで現在の生活が苦しくなるのは、精神衛生上好ましいことではありません。

「このまま毎月支払っていくのは厳しいな~・・・」と感じたら、一度見直しを考えてみましょう。

 

当店のような「保険乗り合い代理店」なら、保険会社の垣根を越えてプランの組み合わせができるため、保障内容と予算とのバランスが取りやすい傾向があります。

 

予算の範囲内で、可能な限り必要な保障を準備できないか?

専門家と深くコミュニケーションを取りながら、納得できる保険選びをしてみましょう。

 

 

まとめ

保険の見直し タイミング

↑※保険見直しのタイミングのイメージ

 

保険見直しのタイミングとして、9つのきっかけをお伝えしてきました。

 

  1. 就職したとき
  2. 結婚したとき
  3. 妊娠・出産したとき
  4. マイホームを購入したとき
  5. 転職や独立(自営業になる)など働き方が変わったとき
  6. お子さんが独立したとき
  7. 現在の保険が満期・更新を迎えるとき
  8. 死別・離婚・親を扶養するなど家族構成が変わったとき
  9. 現在の保険料の負担が重いと感じたとき

 

こうしてみていくと、社会人になってから数年ごとに、保険の見直しのタイミングがやってくることが分かります。

つまり、必要なタイミングで必要な保障を用意するには、定期的(3~5年ごと)に見直しをおこなうのが理想的ということになります。

 

もちろん、計算してみて問題がなければ、今の保険のままでも構いません。そうやって確認するのも、見直しのひとつです。

 

保険は、一度契約したら放置されることも多いですが、万が一のとき人生を支えてくれる土台となるものです。

災害に備えるのと同じように、何もない内からこまめに意識をしていただければと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です